採用管理の失敗しない方法を学ぶ

企業にとって人材確保は、その企業の将来的な経営基盤の構築のために必要不可欠なものであり、失敗は許されません。そのため、各企業の人事・採用担当者の責任は、非常に大きいと言えますが、近年、人事・採用業務に精通した社員が減少していること、また、労働人口が減少している社会的な課題も相まって、企業にとっては厳しい問題となっています。このような現状を引き起こした原因にあげられるのが、長引く不況の中で、人事・採用担当といった非現業部門の社員がリストラの対象となり、次世代に引き継ぎできていなかったことです。そのため、しっかりとしたノウハウがないままに採用業務を行っているため、必要以上の労力を必要としているのです。さらに、現代の若者の気質や受けていた教育を理解していないことも、採用管理の失敗につながっています。

採用業務のシステム化と思わぬ落とし穴とは

人材を雇用するまでには、募集広告の作成・会社説明会の実施、応募者の取りまとめ。選考試験、内定通知の発送及び事前説明会などのプロセスを経る必要となります。したがって、採用担当者は、これらの課程における進捗状況を管理しなければなりませんが、ここ数年は中途採用が増えていることから、多大な労力を必要としており、採用計画の策定など、本来、重要視すべき人事・採用担当者の仕事ができていません。そこで、採用にかかる業務をシステム化する手法が導入されています。ここでは、様々な求人媒体から応募してきた求職者を社内LANなどに構築した データベース上で管理しますので、大幅な業務の効率化を図ることができます。ただし、人事・採用担当者は、業務の効率化に満足しがちですが、それは大きな落とし穴です。そこに集積されたデータを基に、採用基準や採用計画の見直し、さらには育成方針の策定を行わなければ意味がありません。

採用管理で失敗しないための方策とは

採用業務をシステム化することで、求人媒体ごとの合格率、選考試験ごとの合格率、さらには入社後の業績などがデータとして蓄積されますから、人事・採用担当者は、これらを基にしてより効果的な採用基準の策定、将来を見据えた採用計画の見直し、会社のニーズを叶える育成方針の策定を行わなければなりませんが、そのようなノウハウが不足している企業も少なくありません。そこで、最近では、採用管理にかかるノウハウを提供する業者も増えています。様々な業種に携わり、数多くの採用業務を支援してきた経験から、業種にマッチした人材を集めるためのノウハウを数多く持っており、高い業績を上げています。したがって、採用管理で失敗しないためにも、自社の人事・採用部門の強化策の一環としても導入する企業が増えているのです。