採用管理のメリットデメリットを知る

会社の経営を安定させるためには、よりスキルの高い社員を育成し、戦力として働かせることです。そのためには、会社としてしっかりとして育成方針を打ち出すとともに、働きがいのある職場環境を提供することが不可欠です。しかしながら、ほとんどの企業の現場では要員が不足しており、社員一人にかかる負担が大きくなっているため、せっかく雇用しても早期退職となるケースが目立っています。そのため、少しでも早く要員不足を解消しようと、採用基準を度外視してまで採用するため、現場のスキルが低下するという悪循環に陥っています。こうした悪循環を断ち切るため注目されているのが採用管理です。これは、採用業務を外注化することで、スキルの高い社員を採用し、本来の育成方針に則って戦力となる社員を育成するものです。

採用管理を導入するメリットとは

採用業務を外注化するメリットは、自社社員に負担をかけることなく、スキルの高い人材を集められる点です。ここ数年は、中途採用が急激に増えたことにより、会社の人事担当者に大きな負担とコストがかかっていましたが、外注化することで、負担軽減につながりますし、そこにかかっていた人件費を削減することも可能です。また、専門的なスキルにより、効率的に人材を集められることも大きなメリットです。少子化の影響で労働人口が減少している状況下では、これまでの手法では人を集めることはできません。しかしながら、採用のプロに外注することで、確実に人を集めることができますし、選考試験の要領、人材育成方針など、スキルの高い社員を雇用し育成するためのノウハウについてレクチャーを受けることもできます。

採用管理を行う上でのデメリットとは

採用業務を外注化することで、確実に会社の採用部門にかかる課題は改善されますが、同時にこれまでの採用部門が弱体化するデメリットがあります。採用管理を提供する会社は、様々な会社の採用業務に携わることで、豊富な経験値と高いスキルを持っています。そのため、彼らが、会社の入り込み、採用業務を行なっていけば、必然的に会社の採用部門は行き場を失ってしまいます。そこで、会社は完全に外注して、採用部門を極端に減少させる方法、若しくは採用担当者にそのノウハウをレクチャーしてもらう方法から選択しています。前者は少将来にわたって、採用業務を自社で行わないのに対し、後者は、いずれは自社の人事担当者だけで、採用業務を行うものです。要員不足の課題は、これからますます深刻になることが予想されています。それだけに外注化は、現状を打破するための大きな武器であることは間違いありません。