採用管理について知っておくべき事

現在は、失業率が低下しており、求職者にとっては売り手市場となっています。企業としては、いかに優秀な人材を確保するかということが重要なことです。経営資源には、ヒト、モノ、カネ、情報がありますが、ヒトは最も大切な経営資源です。ヒトがモノやカネを生み、情報を得るからです。大企業などでは、多くの部署で人不足の状態になっており、人の採用を管理することは容易なことではありません。せっかくの応募者がいても、採用管理がしっかりしていませんと。せっかく採用できる可能性のある人材を見落としてしまい、他社に採用されてしまう可能性もあります。従って、今では採用管理システムを利用することにより、採用にかかる手間を省き、効率的な採用活動を実践している会社も多数あります。

適材適所の優秀な人材を採用することが大切

専門性がなく、一般的な業務であれば、それほど採用する人材の資質にとらわれる必要はありません。しかし、専門能力が必要な職種の場合には、即戦力として活躍できる人材をもれなく採用できる体制が必要です。会社の人事部の採用担当は、常に全社の組織でどんな人材が必要かということを熟知していなければなりません。優秀な人材ほど、多くの給料を支払わなければなりません。高収入に見合った仕事をしてくれる人を採用するという気持ちがなければ、人件費ばかりがかさみ、会社の経営を圧迫することにもなりかねませんので、慎重に採用活動をする必要があります。もちろん、社会人として常識をわきまえている人を採用することが最も大切なことです。機会損失がないように、採用管理をしっかりすることが大切なことです。

就業規則や雇用条件などを明確に提示することが大切

ヒトを採用するためには、自社のことを良くしってもらわなければなりません。就業規則や雇用契約などが明確になっていなければ、入社希望者が安心して応募することはできません。必要以上に細かい規定などを開示する必要はありませんが、採用管理システムを利用するにあたって、入社をしたら、どのような環境でどのような仕事をし、どの程度の収入が得られるのか、勤務時間はどの程度になるのかということは明確にする必要があります。転職サイトなどを利用する企業もありますが、多くのサイトを利用しているような場合には、どのサイトからどのような人材を確保できるのかということを把握しなければなりませんし、自社のシステムとの連携を図ることも大切なことです。優秀な人ほど、引く手あまたです。採用時には細心の注意を払うことが必要です。

テンプグループ、インテリジェンスブランドが培ってきた、人材獲得の知恵とノウハウが凝縮された採用管理システムです。 人材を獲得するためのノウハウや、従来の知恵を駆使したソリューションが凝縮されています。 多様なダッシュボードでKPIをリアルタイムに可視化! システム導入後のエクセル管理がなくなるよう、テクノロジーの力を使って解決に導きます。 多機能採用管理システムで採用を簡単に